>オススメ情報>住宅ローンの支払いが厳しいときは任意売却を検討してみよう

住宅ローンの支払いが厳しいときは任意売却を検討してみよう

家の模型と硬貨

色々な事情で、住宅ローンが払えなくなった場合、債権者は、競売手続きを採ることが多いでしょう。そのために、債権者が裁判所を通じて競売にかけて、安く不動産が売られます。そして、結果的に、多額の借金が残ってしまうことでしょう。競売を回避する方法は、住宅ローンより高い金額で不動産を売却するか、または、低い金額で売却して、差額を自分で用意をするかになってしまいます。しかし、実際は、なかなか難しいでしょう。そんな時のために、最近では任意売却という方法が注目されています。そして、その方法は、債権者の合意を得ることにより、抵当権を解除します。さらに、住宅ローンよりも低い金額で、不動産を売却します。それから、債権者との間で、残りの債務を無理なく返済する契約を結ぶというものです。

住宅ローンの任意売却をするには、手続き可能な時期があります。そして、その時期は、滞納が3ヶ月から5ヶ月して、債権者から期限の利益の喪失という文章が届いてからになります。それから、競売の開札日前日までの間に行われなければなりません。債権者との任意売却は、自分で交渉することは大変難しいです。そのために、債権者との交渉は、プロである任意売却業者に任せるのがよいでしょう。任意売却をすることによるメリットは、まずは、市場価格に近い金額で不動産の売却ができます。次に、競売と違って裁判所が間に入らないため、近隣住民に知られずに手続が進められます。その他にも、かかる諸費用は、すべて不動産の売却費用から賄われることなどです。

家の模型と硬貨